So-net無料ブログ作成
検索選択

IL DIVO、来日ツアー [音楽]

ドイツで行われたサッカーワールドカップで彼らの存在を知って以来、すっかりお気に入りアーティストになったIL DIVO

IL DIVOとは男声4人のボーカルグループ。
メンバーは、スペイン出身のカルロス・マリン(Carlos Marin バリトン)、スイス出身のウルス・ブーラー(Urs Buhler テノール)、フランス出身のセバスチャン・イザンバール(Sebastien Izambard ポピュラー歌手)、アメリカ出身のデイヴィッド・ミラー(David Miller テノール)。
デビューそのものはイギリスだけれど、出身はそれぞれ違い、母国語も別と国際色豊かなメンバーで構成されている。
しかもアルマーニのスーツを着こなすイケメンぞろい。
もちろん、実力・経験とも申し分なし。

そんなIL DIVOの来日ツアーに行ってきた。
彼らの歌は、ポップスとオペラが融合した”ポペラ”と表現されている。
テノールのウルスデイヴィッドの声は透明で美しく、ポップス出身のセバスチャンは甘い歌声、そこに最年長であるバリトンのカルロスが深みと張りのある声で包みグループの屋台骨を支える。
ひとりひとりの力量はもちろんのこと、4人のハーモニーがそろったときの荘厳さと言ったら…。
このツアーに臨むまでに何度もCDを聴きDVDも見たけれど、LIVEで見る彼らのすばらしさはそれをはるかに超えるものだった。
人間の声以上に表現できる楽器って、ないのかもしれない。
そう感じさせてくれるパワーが彼らの歌声にはあった。

また、MCをすべて日本語で通したデイヴィッドをはじめ、ほかのメンバーも「愛しています」「おおきに」(大阪公演だったので)など日本語を交えつつ、英語で話すときは英語が得意ではない日本人のためにできるだけゆっくり話してくれるなど、歌だけではなく、いろいろな面から観客を楽しませたいという気持ちもひしひしと伝わってきた。
舞台上のIL DIVOは、それはそれは紳士で真摯なプロフェッショナルなグループ。
そして、努力を怠らないイケメンには、天は二物を与えてくれていた。

icon
icon IL DIVO『SIEMPRE』 icon

icon
icon IL DIVO『LIVE AT THE GREEK THEATRE』 icon


回ってきたバトン~Musical Baton [音楽]

やまだよりさんからMusical Batonなるものを回していただいた。
これは音楽に関する4つの質問に答え、それをblog上でさらに5人の人に回すというネット上の遊び。

blogの世界ではやりつつあるのは知っていたけど、回ってくるとは思っていなかったなぁ。
でもせっかくいただいバトンなので、途切らすことなく参加しちゃおう。

Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

154.3MB。
たぶんこれからもっと増えると思う。

Song playing right now (今聴いている曲)

映画COOL RUNNINGS』のサントラ。
CX系のドラマエンジン』のエンディングに使われていたジミー・クリフの「I CAN SEE CLEARLY NOW」などが入っている。
ジャマイカのボブスレーチームを描いた映画なので、曲はレゲエ中心。
暑くなってくると引っ張り出す(笑)。
クール・ランニング

The last CD I bought (最後に買ったCD)

L'Arc~en~Ciel『AWAKE』
ラルクの最新アルバム。
AWAKEicon

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聴く、または特別な思い入れのある5曲)

◎「ベンのテーマ」マイケル・ジャクソン
少年とネズミの交流を描いた映画『ベン』の挿入歌。
小学生のときにテレビでこの映画を見て、いたく感動した曲。
マイケル・ジャクソンのボーイソプラノがとにかくきれい。
でも、この曲を歌っているのがマイケル・ジャクソンだと知ったのは大人になってからだった…。
ベンのテーマicon

◎「ボヘミアン・ラプソディー」QUEEN
アルバム『オペラ座の夜』収録曲。
最初に聴いたのは中学の給食の時間。
校内放送で流れていた。
衝撃的だった。
ただ、いま思うと、お昼ご飯を食べながら聴くのには向いていない気もする(苦笑)。
オペラ座の夜icon

◎「サンライズ・サンセット」
ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』の劇中歌。
従兄の結婚披露宴で、大学時代(某大学の演劇科)のお友達が男声だけで歌ったものが最初の出合い。
厚みのある男声がとてもすてきだった。
大人になったいまは曲の内容も胸にしみる。
屋根の上のバイオリン弾き

◎「星屑のスパンコール」少年隊
アイドルの王道って感じで好き(笑)。
アルバム『翔 SHONENTAI』『PLAYZONE'96 RHYTHM』ほかに収録。

◎「fate」L'Arc~en~Ciel
アルバム『HEART』に収録。
CDで聴いたときは特別印象に残るというほどではなかったんだけど、ライヴで聴いたら涙が出そうに…。
「LIVE」というもののすごさを実感した一曲。
HEART

Five people to whom I'm passing the baton
 (バトンを渡す5人)

日記は書いているけれどblogではない人が私のまわりには多いので、数少ないblogオーナーさんのお友達にバトンを渡させていただこうと思う。
次に渡したい方は…

ともみさん「殻を剥いたゆで卵」
禿作さん「Hagesaku Days」

もしよかったら受け取ってくださいね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。