So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ
前の10件 | -

なでしこJAPAN、世界一!! [サッカー]

6月26日、女性たちの熱き戦いがスタートしたFIFA女子ワールドカップドイツ2011。
7月17日に行われたフランクフルトでの決勝戦の舞台に立った最後の2か国は、3回目の優勝を狙う世界ランキング1位のアメリカと、初の決勝進出を果たした日本だった。

試合前半からアメリカ代表の激しい猛攻にさられる日本代表。
「どうしてこれが入らないのか?」と思える決定機が続くこと数回。
それでも、なんとか前半はスコアレスのまま踏みとどまる。
しかし、後半に入ってもアメリカの猛攻は容赦なく日本ゴールを脅かす。

続きはこちら…


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

2011J1節 神戸vs.浦和(ホームズスタジアム神戸) [サッカー]

3月5日&6日、各地でJリーグの2011年シーズンが開幕した。
ありがたいことに、浦和レッズの開幕戦はアウェイのヴィッセル神戸戦。
フィギュアスケートのシーズンもまだ終わっていないし、プライベートはまだまだ落ち着かないしで、Jリーグモードに頭が切り替わらないまま(苦笑)、ホームズスタジアムへ参戦。
110306kobe01.jpg

ヴィッセルとレッズのはスタメンはこんな感じ。↓
110306kobe05.jpg
レッズは、今シーズン、アルビレックス新潟から移籍してきたマルシオ・リシャルデスと永田充がスタメンに起用された。

続きはこちら…


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

アジアカップ優勝の軌跡 [サッカー]

ロスタイムにイラクに同点ゴールを決められたため、アメリカワールドカップ出場を逃した地・カタール。
”ドーハの悲劇”でおなじみのカタールの首都で、日本代表が4度目のアジアサッカー王者に輝いた。
ここでは、「アジアカップ・カタール2011」の日本代表の軌跡をざっくりとまとめておこう。

グループステージ
日本 1-1 ヨルダン
90分+ 吉田麻也(VVVフェンロ/蘭)

シリア 1-2 日本
35分 長谷部 誠(VfLヴォルフスブルク/独)
82分 本田圭佑(CSKAモスクワ/露)

続きはこちら…


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

J17節 神戸vs.浦和(ホームズスタジアム神戸) [サッカー]

100808homusuta01.jpg
遠い。
1点が遠い…。

前半44分に相手SBが2枚目のイエローカードで退場し、数的優位になったにもかかわらず、その後ほとんど見どころなし。
それどころか後半早々に失点。
数的優位でも、点数としては劣位の場合は相手が守備的になってしまうので、得点しにくいのは往々にしてあること。
でも、今回は数的優位になった時点でスコアレス。
それなのに1点もとれないどころか失点というのはいったい…。

続きはこちら…


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

J13節 G大阪 vs.浦和(万博競技場) [サッカー]

ワールドカップの中断期間も終わり、Jリーグの戦いが再開した。

浦和レッズの再開1試合目はガンバ大阪戦。
梅雨明け直後の真夏日、アブラゼミがシュワシュワと大合唱をするなか、大阪・吹田の万博スタジアムへ…。

100718banpaku01.jpg
青空に広がる雲がすっかり夏雲に。
雨の多かった梅雨が嘘のよう。

続きはこちら…


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

2010W杯 Final!! [サッカー]

2010年6月11日に南アフリカ・ヨハネスブルグで開幕した2010FIFAワールドカップが、大会31日目の決勝戦で幕を下ろした。
決勝のカードは、どちらが勝っても初優勝だったオランダとスペイン。
初戴冠の栄誉に輝いたのは、120分の激闘を勝ち抜いた”無敵艦隊”スペインだった。
19回のワールドカップで、歴代8番目の世界チャンピオン誕生というのは、多いのか少ないのか…?

華麗なパス回しが持ち味のスペイン。
そして、守備も堅い。
7試合での失点はわずか2。
ただし、得点も少なめでトータル8。
どちらも歴代優勝国としては最少。
辛抱強さが、優勝トロフィーをたぐり寄せたといってもいいのかも。
決勝戦の主導権を握っていたのはスペインだったので、そういう意味でも優勝国にふさわしかったと思う。

続きはこちら…


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

2010W杯 パラグアイvs.日本 [サッカー]

FIFAワールドカップ南アフリカ大会も19日目。
いよいよベスト8への切符も残り2枚に。
そのうちの1枚をかけて、日本は南米・パラグアイと対戦した。

堅い守備でグループFを1位で勝ち抜いてきたパラグアイ。
その戦い方は、日本代表と似ている堅守速攻型。
さらに、どちらもベスト8は未知のゾーンということも手伝ってか、得点のにおいのしない、決勝トーナメントとしては凡庸な戦いが続く。
とくに日本は、連戦・先発メンバー固定の弊害からか、中盤が思うように支配できない。
そして、そのまま前後半の90分が過ぎ、延長前後半の30分が過ぎ、ついには今回初めてのPK戦へと突入してしまう。

続きはこちら…


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

2010W杯 デンマークvs.日本 [サッカー]

日本代表、2勝1敗でグループリーグをみごと突破!
大会直前に行われたポルトガルとカメルーンのテストマッチを見たときから、日本が勝ち点を挙げるのならばカメルーンだろうと予想していたわけだけれど、デンマークにも競り勝てるとは…。
岡田武史監督が大会に臨むにあたって「世界を驚かす」と言った言葉が現実味を帯び、下馬評を覆しての決勝トーナメン進出!!

引き分け以上でグループリーグ突破が決まる日本は、立ち上がり、デンマークのテンポのいいパス回しを前にプレスがかからず、中盤を支配されて押し込まれてしまう。
冷やっとするシーンも幾度かあれど、DF陣が事なきを得ず。
日本が流れを押し戻し始めた前半17分、本田がFKから鮮やかな無回転シュートを決めて先制。
続く30分には、遠藤がFKからゴール右隅に決め、日本は2点をリードしたまま前半を終了。

続きはこちら…


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

2010W杯 オランダvs.日本 [サッカー]

FIFAワールドカップ南アフリカ大会9日目、初戦を幸先よく勝ち点3で飾った日本は第2戦目を迎えた。
対戦相手は、格上も格上のFIFAランク4位・優勝候補の一角を担うオランダ。
予選突破を左右する重要な一戦は、オランダの7割近いボールポゼッションで口火が切られた。

日本のスターティングメンバーは、初戦のカメルーン戦とまったく同じ。
オランダの圧倒的なボール支配率に動ぜず、組織的な守備でオランダに隙を見せない日本代表。
ただ、オランダの淀みないパス回しは、まるで獲物を射る前の儀式のようで、出しどころがなくやたらと後ろに下げるそれとはまったく違い、不気味。
それでも大きなピンチもなくスコアレスのまま前半45分は終了した。

続きはこちら…


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

2010W杯 日本vs.カメルーン [サッカー]

2010年6月11日、アフリカ大陸で初の開催となるFIFAワールドカップ南アフリカ大会が幕を開けた。
日本代表の最初の出番は、大会4日目の6月14日。
グループE組に振り分けられた日本の初戦の相手は、アフリカ代表のカメルーン。

大会前の親善試合で4連敗し、暗雲立ちこめるなか南アフリカに乗り込んだ日本代表。
そんな日本代表に岡田武史監督が選んだフォーメーションは、トップに本田圭佑、右MFに松井大輔、左MFに大久保嘉人という、アジア予選どころか公式戦では見たこともない布陣。
(本田のワントップというよりは、実質ゼロトップ?)
岡田監督が就任してからの2年間、主力メンバーはほぼ固定されていたはずなのに、土壇場に来ての大どんでん返しには開いた口がふさがらず。
けれども、このサプライズが結果を出すことに。
勝負の世界、勝てば官軍。

続きはこちら…


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。