So-net無料ブログ作成

平家ゆかりの地~京都編~ [旅行・地域]

NHK大河ドラマ『平清盛』も残り数回となりました。
清盛が破滅に向かっている段階なので内容が重苦しく、毎回、息をこらして見ています。
主演の松山ケンイチをはじめ若い役者さんが多いけれど、みな芸達者だし脚本もよく練られているし、すごいドラマです。

それはさておき、『平清盛』第45回と46回に出てきた白拍子たちゆかりのお寺が京都にあるのですが、そこをこの春に訪ねたときのことを満を持して…(笑)。

120416giou01.jpg
祇王寺(ぎおうじ)
清盛の寵愛を受けていた白拍子姉妹・祇王と祇女、さらにあとから現れた仏たちが、尼僧となって余生を過ごしたと伝わるお寺。

120416giou02.jpg
祇王寺
緑が鮮やかな苔庭の奥にひっそりと草庵がたたずんでいます。
そこに平家の栄華は感じられません。

120416giou03.jpg
祇王寺
雨が降り始めました。
白拍子の化身?
白猫さんに誘われて雨宿りすることにしました。

120416giou05.jpg
祇王寺
祇王たちもこんなふうに庭を眺めていたのでしょうか…。

120416giou04.jpg
祇王寺
雨に濡れ、緑がますます鮮やかに。
派手さはないけれど、心を落ち着かせてくれるお庭です。

120416giou09.jpg
祇王寺
庵の控えの間には大きな吉野窓。
明かりとりも兼ねているらしく、窓辺には文机が備えられていました。

120416giou06.jpg
祇王寺
草庵は竹にも囲まれています。
竹のまっすぐさが、場の空気をさらに凛とさせます。

120416giou07.jpg
祇王寺
雨もときには風情があっていいもの。
緑たちが喜んでいます。

120416giou10.jpg
祇王寺
背の高い宝篋印塔(ほうきょういんとう)が、祇王と祇女姉妹とその母の墓。
低いほうの宝篋印塔が平清盛の供養塔。
いずれも鎌倉時代の作。

120416giou08.jpg
祇王寺
白猫さんは、「まろみ」ちゃんというお名前です。
「まろちゃん!」と呼ばれていました。
18歳と猫としては高齢ですが、まだまだ元気のよう。
うちの2にゃんもあやかりたいものです。

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 4

pica

お久しぶりです(^_^)

「平清盛」は不評のまま終わっちゃいましたね…。
私は面白かったけど♪
役者さんの力量は認めつつ、役柄上、年齢を重ねてるのに
若く美しいままの女優の姿は受け入れられませんでした。

そういえば祇王寺はまだ足を運んでいません。
静かな佇まいですね。
by pica (2013-01-07 14:34) 

あぁ

まろちゃんカワエエ。
まろちゃんに、案内されたんだ。日本庭園美しい。
by あぁ (2013-02-02 20:30) 

mikanpanda

*picaさん*

お返事遅くなってごめんなさい。

『平清盛』は歴史が好きな人がメイン視聴者になってしまたようですね。
もっと広い層が見ないと視聴率は伸びないのでしょう。
いいドラマだっただけに残念です。

祇王寺は祇王たちがひっそくりと暮らした場所なので、静かで落ち着くところでした。
雨が降っていたのもあってすっかり長居してしまい、化野念仏寺に行きそびれてしまうほど…。(^_^;
by mikanpanda (2013-02-22 23:01) 

mikanpanda

*あぁさん*

お返事が遅くなってごめんなさい。

まろちゃんはおばあさん猫だったけれど、かわいらしくてきれいな猫でしたよ。
長生きしてほしいですね。

by mikanpanda (2013-02-22 23:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。